Slideshow Image 2 Slideshow Image 3 Slideshow Image 1
 




当事務所では、これまでさまざまな映像・番組制作を行っています

@ テレビ番組制作、CM制作(NHK、民放テレビ局、ケーブルテレビ局など)
A 商品紹介VTR(YouTube用動画も兼ねての映像)
B Webサイト 及び Webサイトのアクセスアップのためのコンテンツ制作(星占い、動画等)
C 広報全般のコンサルティング(ネット選挙用VTR作成など)
D ブライダル関係の映像作成(記録・紹介ビデオなど)

 
過去の一部制作事例
・上記Aの事例 自転車パーツブランド GOKISOでのYouTube用動画
 開発された新製品の、どういう構造が新しいのかを動画で説明。技術力が高く、マニアの方にすら、とても文章や写真だけでは伝わらないものです。国内外の展示会などでも利用され、特に英語版は、英会話が苦手な社員でも、この動画をiPadなどで見せることで高度な英語での説明を大幅に省くことができます。これから海外進出を考えている企業には必須のアイテムです。下のVTRは、5本シリーズの1本目で英語バージョンです。海外の展示会では、モニターとiPadの両方でプレゼンに用いられています。

    




 動画コンテンツは展示会場でも披露できますし、Webサイトだけでなく、YouTubeにアップすることで、いつでもどこでも、タブレットでも、ノートパソコンでも、画面が小さいけれどスマートフォンでも披露することができます。「店員の説明が15分かかっていたものが、VTRを店で上映するようになってから、5分で済むようになった。」という感謝の声も頂いております。
英語版があれば、急な外国人へのプレゼンも可能となります。


バナーにゲーム性を持たせて、アクセスアップ

自社のサイトを作っても、一度見てもらっても、もう一度見に来てもらうことはなかなか難しいことです。ブログももう今は溢れていて、人を引き寄せませんし・・・。
そこで提案したいのが、アクセスアップのためのコンテンツ制作です。
YouTube用の動画コンテンツでアクセスアップを狙う方法もご提案致しますが、動画の他にもFLASHゲームなどで、自社のロゴを入れることで、宣伝効果が高まります。お店の展示用パソコンにも常時、作動させることができます。

また、ご家族の写真を入れ込むことで、楽しいゲームをプレゼントできます。

ただし、iPhoneやiPadでは表示できません。

Adobe Flash Player を取得




 今、通勤時間以外の電車の中を見れば、10人中、10人がスマートフォンを操作していると言っても過言ではありません。移動のためのわずかな時間を惜しんでいるのです。若者から中高年層まで、ネットを利用した広報は戦術的に今や必須と言えます。


 2013年から、ネット選挙は実施されるようになりましたが、その年の参議院選挙では、Webの世界特有の双方向が欠けてしました。あれでは“ネットを使った”とは言えません。
 いかに選挙にネット活用していくかをご相談させて頂き、アイデアをご提案させて頂きます。